竹丙打開 〜エリア ヒラメ〜

田中 亮 田中 亮

説明・考察

ヒラメのエリアは、別名クイボステージ。

↑勝手に呼んでますが、みんな思ってるでしょ(笑)

適当エイムの武器が、活躍するステージ。

クイボ武器に、爆風武器、広範囲武器。

↑一切バカになんかしてないですからね。
後に少し記載もありますが、エリア近辺は、急な勾配、高低差、短い射程での撃ち合いとなることが多いため、上記武器が断然有利
( ̄∀ ̄)

それから、みんな思ってるであろうことを代弁するなら、
室外機の上から動かない、キルしないチャージャーに腹を立て、落とそうと試みた人、誰しも一度はあるのではなかろうか(笑)

そんなステージ(爆)

全くステージ特性紹介してないな。

ヒラメは

完璧に抑え込まれる前に、いくつか壁ルートを塗ってないと、手も足もでなくなってしまう。

壁意識は、高く持った方がよい。

このステージの一番嫌いな点は、2つのエリアを繋ぐ部分がこんもり山に待ってますでしょ。

あれが竹泣かせ。
1つのエリアを取り、真ん中から行く、もしくは、敵が来る際、エリア内に自分がいたら真ん中から来られたら全く当たらないの。

エリアに繋がる坂付近か、エリア後方の一段上がったところ、そこまで下がらなきゃヤレナイ。

あと、苦手なのは、エリアに登る急な坂。

あれは、シューター含めて、エイムが必要な武器はあそこがしんどいんよね。

これに関しては、上から下の攻撃が難しいか。

坂登られたら、まず退くもんな。

折り返す前の急な坂ね。

第2弾の下り坂なら、いけるけど。

竹の動きとしては、兎にも角にも、裏どりコースやね。

裏どりめっちゃみてる奴もいるから、牽制や、フェイントは入れます。

登ってる時、途中止まって、泳ぎを見失わせて攻撃来ないか確かめて、少し登って、止まってまた登ることで、登りきったとこを狙う敵のタイミングを外す。

登るとこは、壁の最右。

攻撃も届きにくいからね。

まず牽制するのは、登った壁の端の、スポット。

クイボ。

居なければ、クイボを直ぐ下に撃ち込み、一旦退く。

カウンター対策。

それを2,3回し、足場作り、エリアを塗る。

気にするとこは、3点。

・自陣エリアから駆けつけて来ないか
・敵エリア登る壁、坂から来ないか
・死角となる右壁

死角なのでもちろん見れない。

しかし、運任せも違う。

自分に出来ることは、相手の生存確認。

自分が打開する際から、みておけば、大雑把なタイミングが測れるし、

自分がマトを絞らせないような動き方で、イケる。

割と使うのが、バックステップ。

モズクとか、裏を取られやすいとこで、
さぁ、今から潜って前進むだろう!って、時に意味なく後ろにいく。

すると、狙い撃ちしてきた敵の裏をとれるんよね。

上手くいけば。

多用すると、何か狙われてる気がする。って分かるようになります。

エリア取れたら、一度後ろに後退し、死角の右壁をみますね。

クイボで上だけ塗る。

序盤で言ったけど、ヒラメの肝は裏どりで、裏どりする為には、壁塗りだから。

竹丙は、積極的に壁塗ろう。

田中 亮

竹好きです。

ギアは、竹丙ありきで揃えてます。
竹縛りで、タグマできたらいいな。

フレンド申請ください。
「竹好き」と合言葉入れて貰えたら、承認します。

参考までに、他にリッター、スプチャ系、ハイドラ、バレル、ラピッド、ロンブラ、ロラコラ使えます。

プライム、デュアル、ZAP、スシもぼちぼち。

リールガンD
ホクサイ
カーボン
スピコラ
ダイナモ
バケツ(ソーダ>デコ)
52ガロン
ボル7
スクリューロッシャー
ニ線級ですが、使えます。

扱えないのは、ブラスターエリート、H系リールガン

「竹丙打開 〜エリア ヒラメ〜」と合うブキ

  • 14式竹筒銃・丙

「竹丙打開 〜エリア ヒラメ〜」をお気に入り登録しているユーザー

  • 田中 亮

みんなのコメント

スポンサーリンク

このページをシェア!

Share

イカクロに表示されている言語は合ってますか?

現在、ikaclo.jpを表示しています。
イカクロは日本版のikaclo.jpとグローバル版のikaclo.comがあります。

次のリンクにて、どちらのイカクロを利用するか選択できます。

イカクロに登録

続けるにはイカクロのユーザー登録が必要です。

ユーザー登録する際、
イカクロの利用規約プライバシーポリシー同意したものとみなします。

イカクロにログイン

ログインしてギア構成を投稿したり、ブキ・ギアをお気に入り登録してみよう。

ログインする際、イカクロの利用規約プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

イカクロにログイン

ログインする際、イカクロの利用規約プライバシーポリシーに同意したものとみなします。